お問い合わせ / お申し込み

 

ペットとの海外旅行や赴任・移住について、また、海外から日本への帰国など、ペットの出入国における動物検疫・申請手続きについて、お問い合わせをお受けしております。

 

お問い合わせは、こちらからどうぞ

 

Global Site (English)

 

・海外渡航先情報      2019/05/19 現在

 

2019/04/25 [ブラジル] 黄熱の発生について

ブラジルでは、2018-2019年シーズン(2018年7月から2019年3月まで)の間、死亡17例(致死率23%)を含め、合計で75例のヒト確定症例がブラジルのサンパウロ(Sao Paulo)州(62例)、パラナ(Parana)州(12例)及びサンタ・カタリーナ(Santa Catarina)州(1例)で報告されています。これらの症例のうち、88%(66/75)が男性、年齢の中央値は43歳であり、71%(53/75)は農村地域の労働者でした… ≫詳しく見る

 

 

2019/03/14 [コンゴ] エボラ出血熱の発生について(更新)

エボラウイルス病(EVD)のアウトブレイクは中程度の強度で続いています。 カトワ(Katwa)とビュトンボ(Butembo)は依然として懸念されている主要な健康区域ですが、小さな集団発生は地理的に離れた場所で同時に起こり続けています。過去21日間(2019年2月13日~3月5日)の間に、9つの保健区域内の31の保健地域から76の新たな確定症例と高度疑い例が報告されました… ≫詳しく見る

 

 

2019/02/04 [アルゼンチン] ハンタウイルス肺症候群の発症について

アルゼンチンの保健社会開発省は、チュブ州エプエンでハンタウイルス肺症候群(HPS)の症例の増加に関する疫学的警報を発しました。 2018年10月28日から2019年1月20日の間に、11人の死亡を含む合計29人の検査で確定されたハンタウイルス肺症候群の感染例がチュブ州のエプエンで報告されました… ≫詳しく見る

 

 

2018/12/20 [オランダ] 黄熱の発症について

世界保健機関(WHO)は、検査室で確定された黄熱の症例をオランダ当局から通知されました。 症例は26歳の男性で、2018年11月3日から17日にガンビアを訪問し、11月12日から14日にかけて3日間セネガルへ旅行していました。 彼は旅行前に黄熱に対する予防接種歴はありませんでした。2018年11月18日、症例の患者は発熱、吐き気、嘔吐などを含む症状を呈していました。2018年11月19日、彼は急性肝不全の症状で入院し、12月10日現在も、入院しています… ≫詳しく見る

 

 

2018/11/07 [サウジアラビア] 中東呼吸器症候群(MERS)の感染症例について

2018年9月17日から10月15日まで、国際保健規則(IHR 2005)によるサウジアラビアの国の窓口は、3人の死亡を含む8人の新たなMERS-CoV感染症例を報告しました。報告された8人のうち、3人はダンマーム(Dammam)のある病院からの院内接触例であり、2人はリヤドでの家庭内の接触例でした… ≫詳しく見る

 

 

2018/11/02 [ニジェール] 伝播型ワクチン由来ポリオウィルス2型について

ナイジェリアのジガワ(Jigawa)州とカツィナ(Katsina) 州の伝播型ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2)と遺伝的に関連している6人のcVDPV2症例が、ニジェールから報告されました。このウイルスは、ニジェールの南部とナイジェリアとの境界に位置するサンデール (Zinder) 地域の急性弛緩性麻痺に罹患した小児から分離され、麻痺の発症日は2018年7月18日から9月16日の間でした。またこのアウトブレイクはナイジェリアのジガワ、カツィナ、ヨベ(Yobe)、ゴンベ(Gombe)、ボルノ(Borno)の各州に影響が及び、2018年4月以来17人が報告されています… ≫詳しく見る

 

 

2018/09/10 [韓国] 中東呼吸器症候群(MERS)の輸入症例について

韓国は、中東呼吸器症候群(MERS)の輸入例を正式に報告しました。この症例は、8月16日から9月6日まで仕事のためクウェートに渡航した61歳の男性です。彼は韓国に戻った直後に発熱、下痢、呼吸器症状で入院し、現在は隔離されて治療を受けています。韓国の国際保健規則に関する国の連絡窓口(National International Health Regulations Focal Point)は、9月8日に世界保健機関(WHO)に報告しました。同日、MERSであることが検査室で確認されました… ≫詳しく見る

 

 

2018/08/09 [コンゴ] エボラ出血熱の発生について (更新)

北キブ州保健局は、コンゴ民主共和国保健省に対し、急性出血熱と疑われる集団感染の発生を通知しました。2018年8月1日、キンシャサ国立生物医学研究所(INRB)は、入院患者から採取した6検体のうち4検体が自動PCR装置によってエボラウイルス陽性と診断されたと報告しました。これらの予備的な陽性の結果は保健省、WHOおよびパートナーによる対応活動の即時の段階的な拡大と、保健大臣によるアウトブレイクの宣言を促しました… ≫詳しく見る

 

  

  

  

                                             

                                               Topページへ戻る

 

 

 

 (C) 厚生労働省検疫所、外務省 提供