お問い合わせ / お申し込み

 

ペットとの海外旅行や赴任・移住について、また、海外から日本への帰国など、ペットの出入国における動物検疫・申請手続きについて、お問い合わせをお受けしております。

 

お問い合わせは、こちらからどうぞ

 

Global Site (English)

 

・マイクロチップについて

マイクロチップ

 

・マイクロチップとは

 

ペットと海外へご渡航される場合、ほとんどの国々で、マイクロチップの装着を義務付けています。

 

マイクロチップ(以下、MC)は、直径約2mm、長さが約12mmの円筒形のガラスのカプセルで包まれた小さな電子標識器具です。

電子標識器具というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、動物の小さな名札と考えてください。

 

MCの中には、個体識別番号が書かれた機能や、アンテナの役割を果たすコイル等が収めてあります。

また、ICチップという名前でも呼ばれています。

 

MCに書かれている番号は、専用のリーダーという器具を使って読むことができます。

リーダーをMCに近づけると、リーダーが発する電波にMCが反応して番号を送り返します。

これをリーダーが感知して番号を読み取ります。

 

 

・マイクロチップの装着と登録

   MCは動物病院で獣医師に埋込んでもらいます。

   埋込みの方法は、一般的な皮下注射とほとんど変わらないため、動物への負担はそれほどありません。

 

   埋込まれたMCは、動物の体の中を移動しないように表面に特殊な加工がされています。

   安全性についても、さまざまな臨床試験が行われていて証明されています。 

 

   MCを埋め込んだだけでは迷子になっても飼い主の情報は分かりませんので、必ずマイクロチップのデータ登録手続きを

   行ってください。

 

・もしも動物が迷子になったり、いなくなってしまったとき

   MCには、国・メーカーコード、動物種コード、個体番号等が組み合わされた世界でただ一つの個体識別番号が標識

    されています。


    MCを埋込んだ動物とその飼い主のデータは日本獣医師会のデータベースで管理されており、MCを埋込んだ動物が

    発見された時には、読みとった個体識別番号をデータベースに照会することによって、即座に飼い主の電話番号等の

    検索が可能で、飼い主に連絡をとることができます。

 

 

 

                                                                  Topページに戻る

 

 

(C) 社団法人 日本獣医師会